読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年をとったら

アイルランドが生んだ天才、W.B.イェーツの詩篇に「When You Are Old」というものがある。

 

『年をとって円熟し  まどろみがちになったら

暖炉のそばでこの本を手に取り

ゆっくり読んで  思い出してごらん

かつて持っていた和らげな瞳と   その面影を

 

どれだけ多くの男があなたを愛しただろう

それが本心からだったかは分からないが

ただあなたの移ろいやすい心と  悲しげな影を  本当に愛した男は一人だけだった

 

 燃え盛る薪の前に身を屈めて

少し悲しげに呟いてごらん

そんな愛も山の彼方へと消え去り

星屑の中に消えてしまった、と。』

(拙訳)

 

確かこの詩を暗唱できるようになったのは高校二年の時だった。その時はまだ、物悲しげな詩だな、くらいにしか感想がなかったが、大学に入ってからというもの、外が寒くなってくるといつもこの詩を思い出した。外の冷気よりも、この詩篇の文字列が辛辣に心に沁みていたはずだ。

 

今日、部活の練習を終え居酒屋で酒を飲んでいると、またこの詩篇を思い出した。

 

同席者と別れ、一人電車に乗りながらこの文章を書いている。感傷的になるには早過ぎる。感傷的になっていいのは全てを諦めた時だけだ。